スタッフブログ 鴨料理 風月の舞台裏 3ページ目

おかげさまで2周年

こんにちは。鴨料理 風月です。

8月21日に、おかげさまで開店2周年を迎える事が出来ました。
冬のイメージが強い鴨ですが、実は夏にお店はオープンいたしました。
当店でご提供している河内鴨に出会い、一人でも多くのお客様に美味しさを知って頂きたいという思いで始めました。
2周年を迎える事が出来ましたのも、ひとえにお客様のご愛顧の賜物と心より感謝申し上げます。
また、毎日河内鴨を仕入れているツムラ本店様にも感謝しております。

これからも、感謝の気持ちを忘れず、スタッフ一同精進してまいります。
どうぞ3年目の鴨料理 風月を、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

風月 女将 宮治由貴子
      スタッフ一同

2周年コース

こんにちは。鴨料理 風月です。急な雨が降ったと思えば、夏の強い日差しと湿気で蒸し暑い名古屋です。
昨日からお盆休みの方も多いかと思います。

さて、当店は明日13日(日曜日)~16日(水曜日)まで、お盆休みを頂きます。

お盆が明けると、2周年が近づいてまいります。
ご連絡先のわかるご常連の方々には、8月初旬よりお葉書でご案内をさせていただきましたが、
日頃のご愛顧に感謝して、「2周年コース」という特別コースを8月末までに期間限定で作りました。
鴨はもちろん、鱧や松茸も入っているスペシャルコースを、料理長が感謝を込めて作ります。
このブログをみて知りました!というお客様にも特別にご案内させていただきます。
ご予約の際に、必ずブログをみたことをお知らせください。できれば3日前までのご予約をお願い致します。
また、コースの詳細をお知りになりたい方も、お気軽にお問合せをお待ちしております!!

※8/13(日)~8/16(水)まではお盆休みでございます。


鱧料理始まっています

こんにちは。鴨料理 風月です。蒸し暑い日々が続いていますね。当店の近くの円頓寺商店街では、毎年恒例の「七夕まつり」が始まっており、街を歩く親子連れやカップルの姿が多くみられます。お祭りは良いですね。

さて、今月から鱧コースが始まっております。少しずつご予約を頂き、お客様からお喜びの声を頂き、ありがたいです。
鱧料理は名古屋では馴染みがあまりないので、少しずつご紹介させて頂こうと思います。
まずは定番の「湯引きと炙り」。
湯引きは、丁寧に骨切りされた鱧をさっと湯通しし霜降りにした鱧を梅肉ソースにつけて召し上がって頂きます。
炙りは、鱧の表面をさっと炙って本わさびとお醤油をつけて召し上がって頂きます。水分が出てこないので、鱧本来の美味しさを味わっていただける逸品です。

基本的には、良質な鱧を仕入れてご提供したいため、3日前までのご予約で承っておりますが、前日や前々日でのお問い合わせでも、可能な限り対応させていただきます。また、鱧コースのご予約の入っている日は、単品料理で少しご用意もできることがあります。
ご予約・お問合せお待ちしております!

なお、8月11日(金・祝)は臨時営業いたします!!


鱧湯引きと炙り.JPG

鴨陶板焼

こんにちは。鴨料理 風月です。
名古屋は連日の猛暑と急な雨の多い週でした。とても暑い日が続いております。みなさま、熱中症には十分お気を付けくださいね。

さて、今日は夏の一押しメニュー『鴨陶板焼』のご紹介です。
当店のコース料理では、3種類の鍋をお一人様ずつの小鍋でご提供いたしております。
冬は鴨しゃぶ鍋がダントツでオススメですが、暑くなってくるとどうしても敬遠されがちな鍋、、。そんな時期にオススメなのが「鴨陶板焼」です。
この鴨陶板焼、実は料理長一押しなのです!!
鴨のお肉の脂は、くどくなく、体にもたまりません。でも旨みもしっかりとあります。鴨の脂で焼いたお野菜も旨みがしっかりと移っており美味しく
召し上がって頂けます。脂は苦手だわ、、、という方にもぜひ味わっていただきたいです。
今年の6月からは、夏向けにタレを2種類に増やしました。通常のタレには薬味と大根おろし、途中で卵黄を入れて。もう一つは、焼いたお肉を青じそで
巻いて、梅肉ソースをつけてさっぱりと。色々試してお好みのほうでお召し上がりください。
特にこれからの夏を乗り切るためにも、鴨で精をつけて夏バテ予防にもなると思います!
ご予約・ご来店を心よりお待ちしております。

陶板焼.JPG
※写真は3人前です。

水無月

こんにちは。鴨料理 風月です。
梅雨らしいジメジメした蒸し暑い日々が続いております。今週末は熱帯夜になるとの予報ですね。
さて、昨日6月30日は1年のちょうど折り返しの日です。
京都ではこの日に、この半年の罪や穢れを祓い、残り半分の無病息災を祈願する行事「夏越の祓」が行われるそうです。
この時に食べられる和菓子が「水無月」とのこと。今年も6月のご予約のお客様のデザートは、水無月をお作りして
ご提供させていただきました。
今年もあと半分と思うと、あっという間ですね。1日1日を大切に、皆さまにとってもよき日となりますように。

7月からは夏のメニューで涼やかな一品と、鴨料理はタレを通常のものと梅ダレを増やしてご用意した『鴨陶板焼』を推しております!
また、昨年好評でした夏季限定の「鱧コース」も始まります。料理長おススメのコースが今年はパワーアップしております。
またご紹介させていただきます。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

水無月.JPG



冷やし冬瓜の鴨コンソメジュレがけ

こんにちは。鴨料理 風月です。
名古屋も今秋梅雨入りしたとの事ですが、今日は夏のように暑い日差しで良い天気です。

さて、暑い日にちょうど良いメニューが次々に登場しております。
今日はその中から、「冷やし冬瓜と鴨生ハムの鴨コンソメジュレがけ」をご紹介いたします。
冬瓜は夏を代表する夏野菜です。体を冷やす作用もあるそうです。当店では、料理長が丁寧に煮て冷たく冷やしたものに
鴨生ハムと冷やした鴨のコンソメのジュレをかけてご提供いたします。
温かく火照った体を程よく冷やしてくれる一品です。

本日もまだまだお席は空いております!
ご予約・ご来店を心よりお待ちしております。

冬瓜コンソメジュレ.JPG



鴨おろし蕎麦

こんにちは。鴨料理風月です。
更新がなかなかできず、6月に入ってしまいました。。申し訳ございません。
さて、今月からメニューもいっきに夏らしくなってまいりました。
少しずつブログでご紹介させて頂こうと思います!

さて、当店のコースの締めは「お蕎麦」です。
冬季は暖かい「鴨おろし蕎麦」でございましたが、今月からは「冷やし鴨おろし蕎麦」に変更になります。
鍋で火照った体も、締めの冷たい鴨おろし蕎麦がほどよい締めになることと思います。
このおろし蕎麦に入っている鴨のしぐれ煮。実は姉妹店の“やきとり風月”の締めでも時々登場する「鴨しぐれ茶漬け」にも
使用されております。料理長が丁寧に作った一品は、このようにお蕎麦に入れてもよし、お茶漬けでもよし、玉子焼きの具にしてもよし、
焼きそばや野菜炒めなどのトッピングにしてもよし、、というとても万能なものです!
今月末か遅くとも来月早々にお土産にも採用されました!!
鴨料理風月のお味をご家庭でもお楽しみいただけます。
詳しくはまた後日、発表させていただきます。

お問合せ・ご予約を心よりお待ちしております!

鴨おろしそば.JPG

5月連休も終わりましたね

 こんにちは。鴨料理 風月です。
ゴールデンウイークも終わり、今週から通常通り営業しております。
私事ですが、このお休みで東京の鴨料理のお店に行ってきました。
当店は和食ベースですが、そのお店は様々な趣向を凝らしたお料理を楽しませていただきました。
何より接客が素晴らしく、お料理や飲み物の説明など勉強になることばかりでした。
少しでもスタッフに還元できるように、風月ならばこうしよう、
あのお料理を提供するときはこうしよう、など色々と考える機会になりました。
初心に帰り、「お客様に対してのおもてなしの心を大切にすること」を改めて感じました。
そのことを忘れず、スタッフ一同、ご来店お待ちしております!

もうすぐ大型連休

こんにちは。鴨料理 風月です。桜も葉桜になり、新緑の季節になりつつありますね。
そして、4月も後半になり、あっという間に来週末から大型連休ですね。
普段は日曜・祝日が定休日の当店も、
ゴールデンウイークは特別に

4月29日(土・祝)

5月3日(水・祝)


の2日間は営業いたします!
※6日(土)は休業させていただきます。

ご家族やご友人との会食に、個室でゆっくりと体に良くて元気の出る鴨料理はいかがでしょうか。
コース以外にも単品でのご予約も大歓迎です。

スタッフ一同、ご予約・ご来店を心よりお待ちしております!

新年度

こんにちは。鴨料理 風月です。
名古屋の桜は日曜日に満開になりましたが、今日の雨で散ってしまいそうです。今年は天気に恵まれない
お花見でした、、。
さて、4月の新年度、新しく2名の新入社員が入ってきてくれました!やきとり風月 本店と事務です。
2人ともこの春からの新社会人なので、とてもフレッシュな風が吹いております。なにより、バイトから続けてくれていた2人なので、
とても嬉しいです。
先輩社員も、背筋を伸ばして向き合って教育していかなければという思いです。
お客様も温かく見守って頂ければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!

お知らせにも載せましたが、ゴールデンウイークは臨時営業日が2日ございます。

4月29日(土・祝)

5月3日(水・祝)

は、営業いたします!


ご予約・お問合せお待ちしております。


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ